生徒及び顧問研修会を実施しました。(H19.3/21)

 平成19年3月21日(水)(春分の日)に,京都府立嵯峨野高等学校を会場として,放送専門部の,顧問・生徒研修会を実施しました。
 生徒研修会は,47名の参加の下,KBS京都報道局報道部長の宮本英樹先生より,主にアナウンスについて,ニュース原稿の作り方や読み方についてや,関西人が標準語でアナウンスするのが難しい理由など,様々な御指導を頂きました。
 顧問研修会は,17名の参加の下,アートカレッジ神戸DJ声優学科専任教員の本出富勇先生より,京都総文優秀賞受賞者のDVDを見ながらの御指導や,生徒を指導するに当たって顧問が基本的に知っておくべき手法などについて御指導いただきました。
 本専門部では,平成19年度も研修会を実施していく予定をしております。研修会の内容等についての御意見・御希望は,左の〔お問い合せ〕よりお寄せください。

第23回京総文(京総文)放送部門が開催されました。(H18.11/05)

 11月4日(土),5日(日)の2日間にわたり,京総文放送部門がハートピア京都を会場として開催されました。
 今年は,朗読58名,アナウンス41名,オーディオピクチャー7本,ビデオメッセージ5本の参加がありました。交流会にはきょうちゃんも登場し,盛況のうちに終了しました。
 朗読部門・アナウンス部門の金賞,オーディオピクチャー部門の最優秀賞・優秀賞,オーディオピクチャー部門の最優秀賞の受賞者(校)は,来年の全国高等学校総合文化祭島根大会に出場となります。
☆審査員の先生方の御講評
☆入賞者一覧

第26回近総文放送文化部門に出場してきました。(H18.11/23)

 11月23日(木)に甲南女子高等学校において近畿総文放送文化部門が行われました。京都府からは,アナウンス部門に桂高校の中村真由子さんと西宇治高校の吉田沙也香さんが,朗読部門に北稜高校の中嶋亜里沙さんと洛東高校の中村美耶子さんが,DJ部門に洛西高校が,ビデオメッセージ部門に嵯峨野高校が参加しました。残念ながら入賞はなりませんでしたが,皆さん頑張って発表しておられました。
 また,運営に係わられた兵庫県の先生方,生徒の方々,本当にお疲れ様でした。

「京都総文」の京都府の作品が上映されます。(H18.9/30)

京都国際学生映画祭2006において,「京都総文」に出品した京都府の作品が上映されます。

上映予定日時・上映会場 2006年10月21日(土)・22日(日) 各休憩時 同志社大学寒梅館
                 2006年10月22日(日)20:00〜22:00 京都シネマ(シネマ3)
上映予定作品
      ・『安倍晴明夢草子』 京都府立桃山高等学校
      ・『京都番組小物語』 京都府立西宇治高等学校
      ・『決戦!!帝国京都学院 〜よみがえった紫里杉京〜』京都府立嵯峨野高等学校
      ・『足利氏の最期』 京都府立北嵯峨高等学校
      ・『原爆外伝 〜忘れられていた恐怖〜』 東山高等学校
      ・『口元を喜ばしむる。』京都府立西宇治高等学校

「京都総文」放送部門,無事終了いたしました。ありがとうございました。(H18.8/8)

全国からの参加者の皆様,京都府の先生方,京都府の放送部員の諸君のおかげて,「京都総文」放送部門は無事終了いたしました。
放送専門部員一同,心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

作品及び講評を持って帰られなかった学校の顧問の先生方へ
こちらから送付いたしますので,送付の宛先をこちらへお知らせ下さい。よろしくお願いいたします。

☆京都総文放送部門入賞者一覧